『ラストアイドル』の投票企画にネットでは「投票出来ない」「審査員の苦しみ」の声が続出

2018.2.19 20:30

『ラストアイドル』の投票企画にネットでは「投票出来ない」「審査員の苦しみ」の声が続出サムネイル画像

ラストアイドル

17日に放送されたテレビ朝日系「ラストアイドル」で実施された企画が話題となっている。

本番組はAKB48グループ、坂道シリーズなどトップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手掛けてきたヒットメーカー・秋元康が、新たな大型アイドルグループを誕生させるべく、昨年2017年8月にスタートしたオーディション番組だ。

現在は4月18日(水)に発売されるセカンドシングルの表題曲を歌う権利をかけて、ユニット対抗総当たり戦が行われており、各ユニットにはそれぞれ秋元康、織田哲郎、小室哲哉、指原莉乃、つんく♂といった日本の音楽業界を牽引してきた豪華プロデューサー陣が就任し、パフォーマンスバトルの模様を放送している。

総当たり戦のあとは上位3ユニットによるトーナメント戦に突入する予定となっており、現在、まさに拮抗した戦いが繰り広げられているため、同じ勝ち星で数組が並んでしまう可能性が浮上。そのため急遽、番組のホームページ上でネット投票を実施することが決定した。

この発表にTwitterでは、ファンによるそれぞれのグループへの投票完了報告が続々と寄せられる中、「どのグループも素敵だからいまだに投票出来ない」「ファン人気投票って…なんかもう…なんかもう… 選べない」「人気投票とか無理やねんけど。みんな可愛いねんけど」「ラスアイ人気投票、どこに入れるか迷うよなあ」「初めて審査員の苦しみわかりました」などのコメントも数多く投稿されている。

このネット投票は番組のホームページ上で2月17日(土)放送終了後から、2018年2月22日(木)23:59までとなっており、勝ち数が並んだ場合、その結果によって最終順位が確定されるという。

関連記事

関連リンク