GACKT、本名で事業参加を表明「初めてこんな風に本名で…」

2017.12.27 12:06

GACKT、本名で事業参加を表明「初めてこんな風に本名で…」サムネイル画像

GACKT

GACKTが、本名で仮想通貨プロジェクト事業に乗り出したことをブログで言及した。

GACKTは26日に投稿した「【大城 ガクト】と【 仮想通貨 】」と題したブログで「すでに巷では相当噂にはなっているらしいが、WEBがアップされようやく情報が解禁となった。」とコメントをし、仮想通貨プロジェクト「SPINDLE」のWebサイトの画像を添付。

そして、これまではどんな事業に関わっていても名前を出すことなく目立たないようにやってきたと説明し「表に名前を出してしまえばそれに対してどうでもいいことを言う輩もいる。別にどんな事業をするにしても隠れていれば叩かれることもなかったわけだ。」と前置きした上で「今回は表に出ることを良しとした。初めてこんな風に本名で出ることとなる。」と、あえて本名で事業の参加を表明したことを明かした。

その理由として「事業としてキッチリ最後まで責任を持ってやり通したいという当たり前の想いと、なによりも、世の中にジレンマをかかえる多くの人たちの背中を押せる、大きな機会になるのではないかと思ったからだ。」と綴っている。

GACKTは、大城 ガクトの名前で、「SPINDLE」のWebサイトにて「BLACKSTAR Members」の一人として紹介されている。

関連画像

関連記事

関連リンク