岡田准一、女芸人たちをメロメロにしていたエピソード明かされ困惑?「そんなキザなことは…」

2017.8.24 17:50

岡田准一、女芸人たちをメロメロにしていたエピソード明かされ困惑?「そんなキザなことは…」サムネイル画像

22日に放送された日本テレビ系「ウチのガヤがすみません!」に出演したV6の岡田准一が芸人達に過去のエピソードを暴露された。

番組では岡田をゲストに迎え、”テレビ・ネットにも出ていない3大岡田伝説”として芸人が岡田の“伝説”披露していった。

まず始めに、女芸人・雷鳥のお姉ちゃんが自身が大学生だった時の岡田に声をかけられたと話し始めた。

15年ほど前、お姉ちゃんはテレビのロケをしている岡田と遭遇し声をかけられ、一緒に電車に乗ったという。当時のお姉ちゃんは失恋したばかりで、岡田にその話をしたそうだ。すると岡田はカメラが回っていないにもかかわらず、お姉ちゃんの目をじっと見つめ「夜空の星、見たことある?星の数ほど男はいるから大丈夫だよ。輝いているいい男はたくさんいるよ」と優しい言葉をかけたという。

このエピソードにスタジオでは拍手が起きたが、岡田は「ウソだ!」「そんなキザなことは言えないですもん」と記憶にない様子。しかし、そんな岡田にお姉ちゃんは「一字一句同じです」と当時を思い出し、喜んでいた。

続いて、こちらも女芸人・かぎしっぽのれおてぃがコンサートスタッフを務めていた時の岡田との忘れられない話を披露した。

れおてぃは当時、岡田に”姉さん”と呼ばれていたと明かし、自身がコンサートの裏方の仕事でミスをしてしまい怒られたと話した。そんな時、コンサート終了後の岡田が、上半身裸でタオルを巻いた姿で、れおてぃの肩をポンポンと叩き「姉さん、大丈夫、大丈夫だよ」とウィンクしてくれたそうだ。

この話にスタジオはまたしても盛り上がったが、岡田本人は覚えていないと話していた。

岡田は8月30日(水)よる7時から3時間にわたり放送する『V6の愛なんだ2017 史上最高の夏まつり!』への出演が決定しており、約2年ぶりのV6としてのスペシャル番組出演となる。

関連画像

関連記事