泉谷しげる「破天荒なキャラって言うのは…」衝撃告白に、有吉「言わないで」と悲鳴

2017.4.3 17:27

1日放送の日本テレビ系「有吉反省会」で、歌手の泉谷しげるが自身の破天荒キャラについて衝撃的なカミングアウトをする場面があった。

番組では、「春のカミングアウト祭り」の企画を実施し、ゲストたちが秘密にしていることを次々とカミングアウトしていった。泉谷は「芸能界の破天荒男としてやってきましたが、実は趣味で作っている料理の女子力が高すぎることを反省しにきました」と反省文を読み上げた。

泉谷は歌手としての活動はもとより、俳優としても第6回日本アカデミー賞最優秀助演男賞を受賞するなど評価されている。その一方でバライティ—番組に出演する際には、暴力的で恐喝まがいな言動を行い「暴君」とまで呼ばれるほどの破天荒ぶりを見せつけていた。

そんな泉谷は最近の趣味が料理であることを告白。自身のブログには「ドライフルーツとナッツがぎっしり入ったクリスマスケーキと野菜をふんだんに使った具沢山のサンドウイッチ」「お通じをよくする自家製ヨーグルトサラダ」など女子力の高いおしゃれな料理を更新し、オーガニックにハマっていると意外な趣味をカミングアウトした。

さらに、料理のほかにもカミングアウトがあるという泉谷は「破天荒なキャラって言うのはね作り物だよね」と衝撃的な発言を繰り出す。これにはMCの有吉弘行も「言わないで」と笑いながらツッコミを入れていた。

泉谷は続けて「俺は、暴れん坊に憧れたわけ」と、“破天荒キャラ”に走った理由を明かし始める。泉谷は子どものころ赤面症で人見知りをする性格だったと話し、男らしいヒーローにあこがれていたと話す。泉谷は「やることはもうほとんど暴力行為に近いことをやろうと思って」と、“破天荒キャラ”誕生秘話を語っていた。

泉谷は先日放送されたテレビ番組でも「バンドからフォークへ転身した理由」について衝撃のカミングアウトをしている。泉谷いわく、メンバーから楽器を預かっていたが火事で燃えてしまったため諦めて一人でできるフォークへ転身したとのことだが、この理由にはスタジオの共演者も驚いている様子を見せていた。

関連記事