乃木坂46齋藤飛鳥、山下美月の“パクリ疑惑”明かす「私みたいな…」

2020.12.21 20:40
乃木坂46齋藤飛鳥、山下美月の“パクリ疑惑”明かす「私みたいな…」サムネイル画像
乃木坂46・齋藤飛鳥/(c)E-TALENTBANK

12月20日深夜放送のテレビ東京系『乃木坂工事中』に出演した乃木坂46・齋藤飛鳥が、メンバーの山下美月への“疑惑”を打ち明ける場面があった。

【別の記事】乃木坂46齋藤飛鳥、山下美月の“お願い”を却下「やらないよ!」「NG出すわ」

番組内で、以前に齋藤が山下のバッグを“ダサい”とイジっていたという話題になった場面で、齋藤は、「最近の山下が…あんま変に思われたくないんですけど」「すごい私みたいな服装してるんですよ」と切り出した。

続けて、山下の以前のファッションについて、「ビチビチの革パン穿いてたり、かと思ったら、次の日すごい森ガールみたいな服着てたり」と説明しつつ、「私ジャケット着て、ちょっと細身のパンツ穿いてみたいな服が多いんですけど、最近ずっとそれなんですよ、山下が」と明かした。

これにメンバーの松村沙友理は、「わかる」と共感した上で、「確かに飛鳥ちゃんは、メンズ寄りな(服を)上(に)羽織ったりしてるんですけど」「たぶんそれをマネして、ちょっと間違えた感じ」とコメントして、スタジオは笑いに包まれた。

この流れで、“意識的に齋藤のファッションをマネしているのか”と質問された山下は、「そうかもしれないです」「ファンの人とかも、何でも全部、『ダサい!ダサい!』って言われるようになったんで」「無意識に、確かにそうなってたのかもしれないです」と語っていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100