麒麟・川島明、妻に恥をかかせてしまった“ある行動”とは「3歳の娘が…」

2020.12.15 20:30
麒麟・川島明、妻に恥をかかせてしまった“ある行動”とは「3歳の娘が…」サムネイル画像
麒麟・川島明/(c)E-TALENTBANK

12月14日深夜、フジテレビ系『魔女に言われたい夜~正直過ぎる品定め~』に麒麟・川島明が出演した。

【別の記事】麒麟・川島明、霊感の強い後輩芸人に指摘された“あること”明かす「100人ぐらい…」

番組では冒頭、川島が「3歳の娘がいるんですね、絵本がめちゃくちゃ好きで、読んであげるんですよ」と娘との交流について切り出す場面があった。

続けて、何度も同じ本を読まされているため飽きてしまったと話すと「桃太郎とか読んでても『桃がでけぇのう』とかノブ感を出して勝手にやってたんですよ」と千鳥のノブの口調風で読み聞かせていたと回想。

さらに「次の日の夜に、僕仕事から帰ってきたら嫁に、『やめてくれ』と。『今日、保育園行ってえらい恥かいた』」と妻からの言葉を振り返りつつ、その理由について、娘が保育園で紙芝居を見ながら「なんじゃその音は?」「どんぶらこってなんじゃ?」とノブ風に言ってしまったと明かしてスタジオの笑いを誘った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254