日向坂46加藤史帆、“兄妹のような”オードリー若林のある言葉に喜び「嬉しい!」

2020.12.2 20:40
日向坂46加藤史帆、“兄妹のような”オードリー若林のある言葉に喜び「嬉しい!」サムネイル画像
日向坂46・加藤史帆/(c)E-TALENTBANK

12月1日深夜放送の、テレビ東京系『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』にオードリー・若林正恭と、日向坂46・加藤史帆が出演した。

【別の記事】日向坂46加藤史帆、父に対する思いを吐露しオードリー若林「良い育ち方してる」

番組中、オードリーと日向坂46は『日向坂で会いましょう』で2年半共演しており、兄妹のような関係性だと紹介された。

そして若林は「俺たちは日向坂からすごい色々学んでるわ」と発言。「凄い人間に対する感覚が変わったのが(カメラ)回ってない間喋って欲しいの?」「それが信じられない」といい、「それを日向坂から学んだもん。人間って喋って欲しいんだって」と話した。

渡邉美穂が「最初は上辺だけの関係でやってこうみたいな感じだったんですか?」と質問すると若林は「それは正直そうだよ」と発言。「だってガッツリは難しいと思ってた。俺らも他のアイドル番組やってたけど話題がないし、共通の。でも面白く見せたいし、仕事としては」「でも上辺だけにはなると思ってんの」とコメントした。

それを聞いていた加藤が「上辺だけだと思ってたってことは今は上辺だけじゃないと思ってるってことですよね?」「嬉しい!」と声をあげると、若林は「なんでこんな理詰めで詰められるのアイドルに」といい笑いを誘った。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100