武田鉄矢「漫才じゃないのよ」EXITに感じた“役者としての可能性”に言及「特徴が…」

2020.12.2 6:10
武田鉄矢「漫才じゃないのよ」EXITに感じた“役者としての可能性”に言及「特徴が…」サムネイル画像
(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

11月30日、TBS系『霜降りミキXIT』に武田鉄矢が出演した。

【別の記事】EXITりんたろー。兼近に対する“複雑な気持ち”明かす「ちやほやされて…」

番組では今回、“理想の3年B組”といった企画が行われ、武田が芸能人の中からキャストを選ぶシーンがあった。

この中で武田は“イケメン”といった役柄にEXITの兼近大樹を選ぶと「俺ね、この子ちょっと買ってるのよ。ちょっとお笑いの人にはない特徴が(ある)」とコメント。

武田は、同じくりんたろー。にもその特徴があると触れると、「この2人ね、手の動かし方が漫才じゃないのよ。お笑いの人は手の使い方がドラマになると硬くなる」「この2人はね、漫才の肩の動かし方じゃないんだ。どちらかというとお芝居の方なんだ」と、2人が演技に向いている理由について説明していた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100