ハリセン春菜「形にとらわれなくてもいい」恋愛&結婚観に対する変化を明かす

2020.11.19 20:10
ハリセン春菜「形にとらわれなくてもいい」恋愛&結婚観に対する変化を明かすサムネイル画像
(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

11月18日、フジテレビ系『TOKIOカケル』にハリセンボンの近藤春菜が出演した。

【別の記事】ハリセンボン春菜、8キロの減量で“本当にびっくりした”こと明かす

番組の中で“今と昔で結婚観は変わったか?”といった質問を受けた近藤は、「昔思い描いてたのは、仕事はしてたいと思ったんですけど、旦那さんいて、20代後半で子供がいたりしたらいいかな…っていう漠然としたものだったんですけど」と自身の過去の結婚願望についてコメント。

続けて「最近はまったく、結婚したいとも思ってないというか。もう、自分をどう楽しませるか、がテーマっていうか。自分の好きなこと、やりたいことをやって、自分をまず幸せにして」「だから人のこと考えられないっていう」と現在の心境について吐露した。

さらに「いろんな人の価値観とか見てる中で、男ってずっと遊びたいんだなって思っちゃってた時期もあって」「『(価値観)合う人と(出)会うって難しいよね』みたいな話をしたときに、一緒に飲んでた男の人から、『価値観合う人間なんていねえよ』って言われたんですよ。それ言われた時に、結構ショックだったっていうか…。もう価値観合う人間がいないんだったら、私一緒に暮らせないわって思って」と、ある男性からの言葉で結婚願望が薄れたと説明した。

一方で「結婚はないにしても、恋愛はしていきたい?」と聞かれると、「恋愛はめちゃくちゃしたいと思ってます。恋愛はしたいけど、(結婚という)形にとらわれなくてもいいんじゃないかなっていう」と、恋愛観について明かしていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100