ハライチ岩井『M-1』決勝での“大失言”に未だ後悔なし「よく言った、あの時の俺」

2020.11.15 18:00
ハライチ岩井『M-1』決勝での“大失言”に未だ後悔なし「よく言った、あの時の俺」サムネイル画像
ハライチ・岩井勇気

11月12日放送のテレビ朝日系『アメトーーク!』に、ハライチ(岩井勇気・澤部佑)が出演。自身らが決勝に進出した『M-1グランプリ2009』にまつわるエピソードを語った。

【別の記事】ハライチ岩井、“腐り芸人”のイメージに対する心境吐露「言いにくいってとこも…」

今回、番組では、ハライチ、チョコレートプラネット、シソンヌら出演者が、“意外と同期芸人”というくくりで登場し、さまざまなトークを展開。この中で、ハライチが決勝に進出した『M-1グランプリ2009』の話題になった。

同大会は、笑い飯が披露したネタに、審査員だった島田紳助氏が100点をつけたことでも知られている。このことから、岩井は、「笑い飯さん優勝でしょ」と発言し、後に“めちゃくちゃ怒られた”という。このエピソードが明かされると、スタジオの出演者からも、「あれは大失言だったな」という声があがった。

相方の澤部は、当時を振り返って、「言い方もなんか良くないです」「腐った顔で、『どうせ笑い飯さん優勝でしょ?』みたいな。本当にボソッと」と話し、MCを務めていた今田耕司も困惑していたとして、「とんでもない空気に」「フォローのしようがない、みたいな」と語った。

しかし岩井は、今でも自身の発言に後悔はないとして、「“よく言った、あの時の俺”って未だに思ってる」と明かして笑いを誘い、これに他の出演者も、「ブレてないのよ、岩井はもうずっと」とコメントしていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100