麒麟・川島、初の『M-1』決勝進出後の“驚きの出来事”明かす「吉本の偉いさんが…」

2020.11.12 20:20
麒麟・川島、初の『M-1』決勝進出後の“驚きの出来事”明かす「吉本の偉いさんが…」サムネイル画像
麒麟・川島明/(c)E-TALENTBANK

11月12日放送の日本テレビ系『スッキリ』にVTR出演した麒麟・川島明が、過去に決勝進出した『M-1グランプリ』に関するエピソードを語った。

【別の記事】麒麟・川島明「スキンヘッドになってた」相方の近況を明かしスタジオ爆笑

VTRでは、同日放送の日本テレビ系『最高の最下位』に出演する川島らに対するインタビューが行われた。この中で、川島は、“人生で最高だった出来事”として、「最高は、2年目で『M-1』の決勝いかせてもらった時かな」と明かした。

同大会では、10組中5位の結果を残した川島だが、「終わってから、『よかったなぁ』って田村(裕)と話してたら、吉本の偉いさんが入ってきて、『吉本(興業)の○○です。どうかよかったら、吉本に来てください』って」と明かし、笑いを誘った。

さらに、「俺めちゃくちゃ吉本で頑張ってた」「2年頑張ってたんですけど(仲間だと)思われてなかったですね。まったく知名度がなくて」「初めてじゃないですかね。所属事務所にスカウトされたの」とコメントした上で、「『もう既に吉本です』って言ったら、『その調子で』って言われました」と振り返っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254