ハリセン春菜、明石家さんまの番組で経験したピンチ明かす「“無理だ!”と思って…」

2020.11.7 18:15
ハリセン春菜、明石家さんまの番組で経験したピンチ明かす「“無理だ!”と思って…」サムネイル画像
(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

11月5日放送のTBS系『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』に出演したハリセンボン・近藤春菜が、“人生で1番焦った瞬間”を明かした。

【別の記事】ハリセンボン春菜、8キロの減量で“本当にびっくりした”こと明かす

スタジオトークで、“人生で1番焦った瞬間は?”という質問に対し、近藤は、「たびたびお腹痛くなっちゃうことがあるんですよ」と切り出した。

続けて、「(明石家)さんまさんの番組で、収録だったんですけど、VTR観てる時に、急にお腹めちゃくちゃ痛くなって…“無理だ!”と思って、何も言わずにばーって走ってトイレ行って」と説明。

そして、「まだVTR中だったんで、戻ってきてぱって座って、VTRあけた途端に、さんまさんに、『どこ行くねん!』って言われて」と振り返り、さらにさんまのツッコミには、「ちょっとお花摘みに…」と返したことを明かして、スタジオは笑いに包まれた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254