サンドウィッチマン富澤、芸人としての引退時期に言及「60歳くらいで…」

2020.11.6 12:23
サンドウィッチマン富澤、芸人としての引退時期に言及「60歳くらいで…」サムネイル画像
サンドウィッチマン

11月4日、TBS系『バナナサンド』にサンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしが出演した。

【別の記事】サンドウィッチマン、M-1優勝後に自宅で起きたハプニングとは?「家帰ると…」

番組の中で“芸人の引き際”に関する話題が展開され、サンドウィッチマンの2人に対しても“いつまでやるのか考えているのか?”といった質問が飛ぶ場面があった。

富澤はこれに「最近喋って、60歳くらいで辞めるかみたいな」と話してスタジオを驚かせると、「結局、それまでの夢がM-1決勝に行くことだって思ってたのが、優勝して次何しようかな、目標決めないとな…って思ってるうちにここに来ちゃってる」と説明。

周囲から「サンドはずっとやりそうなイメージがある」と声がかけられると、伊達は「いやこいつもう立ってらんないんですよ、膝に水溜まってるし。たぶん60(歳)になったら立てないんですよ、もう」と相方の富澤についてコメントし、スタジオの笑いを誘った。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254