ジョニー・オーラン、が約1年ぶりの新作EP『It’s Never Really Over』を発表

2020.10.30 16:00
ジョニー・オーラン、が約1年ぶりの新作EP『It’s Never Really Over』を発表サムネイル画像
ジョニー・オーラン

カナダ・トロント発のシンガー・ソングライター、ジョニー・オーランドがメジャー移籍後2作目、そして約1年ぶりとなるEP『It’s Never Really Over』をリリース。

同作品には最新シングル「Everybody Wants You」、「See You」、「Phobias」のほか、新曲3曲が収録された作品。さらにEP発売を記念し、日本のファンへのメッセージ動画も到着した。

最新EP『It’s Never Really Over』では、ジョニー自身が大人へと成長している青年期真っ只中にいる立場にありながら、昨今の世の中に溢れるプレッシャーや迫られる決断に向き合う一方で、人として、そしてアーティストとして経た成長を表現した楽曲が収録されている。

Pom Pom(ジョン・レジェンド)、ジェフ・ウォーバートン(ショーン・メンデス、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー)、ルイス・スコールル(ケシャ、ジュリア・マイケルズ)、そしてマイク・ワイズ(エリー・ゴールディング)などの名立たる敏腕プロデューサーと制作した作品となっている。

またジョニーは『It’s Never Really Over』の収録曲全6曲分のカラー・ヴィジュアル動画を公開。楽曲の世界観やテーマに合わせた”全6カラー”の動画は全て見応えありの完成度となっている。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100