乃木坂46白石麻衣、“無理だ”と思った瞬間は「何回もある」結成当初の苦悩を吐露

2020.10.28 17:50
乃木坂46白石麻衣、“無理だ”と思った瞬間は「何回もある」結成当初の苦悩を吐露サムネイル画像
乃木坂46・白石麻衣/(c)E-TALENTBANK

10月27日放送のABEMA『白石麻衣卒業特番~サヨナラまでの過ごし方~』に出演した乃木坂46・白石麻衣が、グループ結成当初の苦悩を明かす場面があった。

【別の記事】乃木坂46白石麻衣、卒業後のグループに対する“願い”「ずっと変わらないでいてほしい」

今回番組では、10月28日の卒業コンサートをもってグループ卒業の白石が、“白石タクシー”の運転手となって、1期生から4期生までのメンバーと車内トークをする企画が行われた。

この中で、4期生の賀喜遥香から、“乃木坂46の活動で無理だと思った瞬間は?”と質問を受けた白石は、「何回もある!」と切り出し、「私たち1期生は、曲もないし、ホントにゼロからのスタートだったから」「何をするにもやっぱり、名前をまず覚えてもらえなかったのもあるし」と話し始めた。

続けて、「ライブするにも自分たちの曲じゃなくて、AKB(48)さんとか、そういう先輩方の曲を借りてやってたりした時は、“どうなるんだろう”とも思ったし、乃木坂っていうグループがどこまで通用するのかっていうか、ちゃんと認めてもらえるグループになれるのかな、みたいな。不安はいっぱいあったし」「“無理かも”とも思った時もあった」と、当時の苦労を覗かせた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100