乃木坂46白石麻衣、卒業後のグループに対する“願い”「ずっと変わらないでいてほしい」

2020.10.27 6:00
乃木坂46白石麻衣、卒業後のグループに対する“願い”「ずっと変わらないでいてほしい」サムネイル画像
乃木坂46・白石麻衣/(c)E-TALENTBANK

10月25日深夜放送のテレビ東京系『乃木坂工事中』に、乃木坂46・白石麻衣が出演。10月28日に行われる卒業ライブをもってグループを卒業することを受けて、自身の活動を振り返り、グループの今後についても語った。

【別の記事】乃木坂46白石麻衣、秋元真夏にした“注意”明かす「やっぱ先輩として…」

白石は、約9年間の活動を振り返り、「何回も、“いつ卒業しよう”とか、“来年は絶対卒業しよう”みたいなのを、何回も思ってた」「タイミングは何回もあったんですけど」と告白。

その上で、「周りのこととか、グループのこととか見てると、“じゃあ自分はもうちょっと乃木坂で頑張らなきゃいけないんだな”ってちょっと思ってきちゃって」「それで、気付いたら9年いましたね」と語った。

さらに、“今後の乃木坂46に期待したいこと”については、「今のまま…ホントに乃木坂ってみんな仲がいいので」「それはやっぱり、ずっと変わらないでいてほしい」と話した。

そして、「乃木坂らしい空気感っていうもあるので、1期生から4期生まで、みんなでまた新しい空気を作ってってもいいと思いますし」「私はこれからいちファンとして、乃木坂を応援していけたらいいなと思います」とコメントした。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100