横浜流星、吉高由里子への感謝を明かす「シャットアウトしてしまってる扉を…」

2020.10.6 6:30

10月4日、日本テレビ系『おしゃれイズム』にVTR出演した横浜流星が、吉高由里子について話すシーンがあった。

【別の記事】横浜流星、ドラマの“格好つけるシーン”の撮影で笑いが起きてしまう理由とは?「真面目に…」

番組では、吉高をゲストに迎え様々なトークを展開。その中で、“最近仲良くなった人”として横浜が紹介されると吉高は「去年、映画の撮影でご一緒して仲良くなりましたね」とコメントした。

その後、VTRで出演した横浜は吉高の第一印象を聞かれ「本当に明るくて太陽みたいな人だなと思いました」「自分も明るいし周りにいる人達も光で照らしてくれるような」と発言。

さらに、映画撮影前に監督と吉高と3人で食事に行った際の話として、「まず最初に言われたのは、『今日は何人目の流星?』みたいな。僕もよくわからなかったです最初」「ニュースとかでよく見るから。『何人目の流星かと思った。大丈夫?』みたいな」といい、多忙な横浜に対し“何人流星がいるのか”と心配されたと明かし、「僕かなりの人見知りなんですけど、人見知りでシャットアウトしてしまってる扉を『お邪魔しまーす!』みたいな感じで」「嫌な感じはしなかったんで。むしろありがたいなって」と話していた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254