賀来賢人&伊藤健太郎、“人生最大のピンチ”だった危ない経験を告白

2020.7.27 20:40
賀来賢人&伊藤健太郎、“人生最大のピンチ”だった危ない経験を告白サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

7月26日放送の日本テレビ系『シューイチ』に、現在公開中の映画『今日から俺は!!劇場版』に出演する賀来賢人と伊藤健太郎がVTR出演した。

【別の記事】賀来賢人&伊藤健太郎『今日俺』ヒットで世間から思わぬ誤解?「全然そんなことない」

VTRの中で、“「俺史上最大のピンチ」だったエピソードは?”という質問が出されると、賀来は「僕ダイビングをするんですよ」と切り出し、「水深12~13メートルのところ潜ってて(波に)吹き飛ばされた感覚があったんですね」と話し始めた。

続けて「うわっと思ったら、酸素くわえるやつがパコーンって外れちゃったんですよ」「で、その時に水を思いっきり飲んじゃったんですね」と振り返った。

さらに「上がろうと思ったんだけど、ダイビングって急浮上ってのがしちゃいけないんですよ。体に支障が出るんで」「その時たまたま一緒に潜ってた人が止めるんですね、僕を」と説明し、「でも最終的にあっちも、“あ、本当にやばいんだ”ってなって、ばーって上げて」「死ぬかと思いました」とコメントした。

また、伊藤は、同質問に対し、過去のスノーボード中の経験を挙げて、雪の中に埋まってしまったことがあるとして「2メートル半ぐらい落ちて」「終わった…と思った」と振り返った。

その上で「(友人に)レスキューの免許持ってるやつとかもいたりとかして、そいつらが呼んでくれて、ロープを引っ張って、そこからボード外して」と話し「人生で一番、“あっ、もうこれだめだな”って思った瞬間」と語った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100