志尊淳、NYでの“恐怖体験”明かす「深夜の2時か3時くらいに…」

2020.6.16 20:20

6月15日深夜に放送されたフジテレビ系『絶対!見たくな~るTV』に志尊淳が出演した。

【別の記事】志尊淳、2カ月で18キロのダイエットに成功した方法を語る

番組内では、志尊が恐怖体験として「命がないなと感じたことが一度ありまして」と、21歳の頃に行ったというニューヨークでの出来事を話しはじめた。

志尊は「外の空気が吸いたくなって」「深夜の2時か3時くらいに散歩したいなと思って」と、深夜に外出したところ、体格のいい4人組に囲まれてしまったことがあると明かした。

続けて志尊は「お金を出せ的なことなんですよね、簡単に言うと」と、金銭を要求され「全然ビビってませんよっていう、何?話って何?っていう」と、冷静に話を聞くフリをして走って逃げたのだと明かした。

志尊は、ホテルまで距離も長く、道順も曖昧だったが「ずっと走ってました」「この街では歩いてはいけないと思って」と、恐怖体験を振り返りながら笑いを誘っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100