ボサノバ、サンバのピアニスト&オルガン奏者、今井亮太郎5年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース

2020.6.1 19:10

ボサノバ、サンバのピアニスト&オルガン奏者、今井亮太郎5年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースサムネイル画像

今井亮太郎

今回のアルバムでは新旧のシネマ・ミュージックから今井亮太郎自身が選曲し、ボサノバにアレンジ。「雨にぬれても」「いそしぎ」「ひまわり」など懐かしの名曲から、「ミアとセバスチャンのテーマ 『ラ・ラ・ランド』より」のような新定番まで、全18曲を収録。

2018年のベストアルバム『今井亮太郎 ザ・ベスト~リオデジャネイロ→東京~』発表後も進化を続ける今井亮太郎は、2019年にハモンド・オルガン奏者としてデビュー。

本作はファン待望となる、初のオルガンを使用したアルバムに。

ワルター・ワンダレイを彷彿とさせるハモンドのサウンドに、14人もの共演ミュージシャンのアンサンブルが見事に溶け合った、贅沢な作品となった。

オリジナル曲も3曲収録。一足早く試聴できるダイジェスト映像を公開。カラフルで変幻自在なサウンドを、是非楽しんでみてはいかがだろうか。

関連画像

関連記事

関連リンク