霜降り明星せいや、“そんなお金なかった”子供時代のエピソードを語る「ご褒美で…」

2020.5.15 20:00
霜降り明星せいや、“そんなお金なかった”子供時代のエピソードを語る「ご褒美で…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

5月14日深夜、テレビ朝日系『霜降りバラエティ』に霜降り明星のせいやが出演した。

【別の記事】霜降り明星・せいや、『VS嵐』遅刻の理由にスタジオ驚き「パンパンに腫れ出して…」

番組では今回、せいやが“冷めたフライドポテトは4時間経ったものが1番美味しい”と主張する場面があった。

せいやはその理由について、過去に検証したことがあると切り出すと、「団地の子ですから、そんなお金はなかったんで」と自身の子供時代を振り返り、「オカンが日曜日とか、妹とかが(テストの)点とか高いのとったらご褒美で(フライドポテトを買ってきた)」と回想。

続けて、当時妹の分まで食べてしまっていたと説明すると、「だからオカンが『あかんやろ!』って言って、買って来たらベランダの換気扇の裏とかに隠すようになったんですよ」「それを僕、見つけて、こう食べてた。それがうまかった」「ほんで親にバレんように1本だけ食べたりとか、それを繰り返してたら4時間がちょうど一番うまかった」と解説した。

その後、相方の粗品らは冷めたフライドポテトを試食するも、「不味かったです」「アメリカの刑務所入った時の練習なんかな思った」と口々にコメントしていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100