“中堅芸人”ジャンポケ斉藤、“第7世代”に対抗心「一番バチバチ」

2020.5.14 17:30
“中堅芸人”ジャンポケ斉藤、“第7世代”に対抗心「一番バチバチ」サムネイル画像
(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

5月12日、深夜放送のテレビ東京系『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』にジャングルポケット・斉藤慎二が出演し、“お笑い第7世代”について話すシーンがあった。

【別の記事】四千頭身、霜降り明星・EXITら“第7世代”の魅力を語る「自分も頑張らないと…」

番組中、オードリーの若林正恭が「ジャンポケは、今時期的には後輩が出てきてっていうのは初めて体感するぐらい?」と質問すると、太田博久は「リアルにそうかもしれないですね。結構僕らって13年目、14年目とかなんですけど意外とずっと下だったよね。現場では」とこれまでのポジションを説明。

しかし太田は最近のバラエティ番組では、“第7世代VS中堅芸人”として、中堅芸人のポジションに入れられる方だと話した。

それを受けて若林が斉藤に「今までだったら一番最後にイジられるじゃん、大勢いる後輩だと。第7世代のキャラ強い子がイジられてるのを待つ時間があるでしょ?初めてじゃない?」と話を振ると斉藤は「待たないで先いっちゃいます」「そこはスベったらスベったで」と先制攻撃をすると発言。

続けて「一番バチバチでいきます」「Twitterとかでもありますよ。『第7世代の邪魔すんな』みたいな。こっちだって食われたくないですからね」「食ってやろうって思わないともう無理ですもん」と話した。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254