関ジャニ∞、グループやメンバーの関係性を語る「特別な場所」

2020.4.28 10:10
関ジャニ∞、グループやメンバーの関係性を語る「特別な場所」サムネイル画像
AERA5月4-11日合併増大号(株式会社朝日新聞出版)

関ジャニ∞(横山裕、村上信五、丸山隆平、安田章大、大倉忠義)が、「AERA5月4-11日合併増大号」に登場する。

【別の記事】関ジャニ大倉忠義、温厚な安田章大が“怒ること”明かす「ホンマにこっちに…」

本誌には、蜷川実花撮影の表紙に加え、カラーグラビア&インタビュー5ページを掲載。新番組『関ジャニ∞クロニクルF』をスタートさせる5人が、新番組やスタッフへの思い、グループのいま、ファンに伝えたいことについて語っている。

メンバーとの関係性について、安田はグループは「特別な場所」、大倉は「母体」とコメント。また、メンバーについて丸山は「一番身近な理解者」、横山はこのメンバーとなら「みんなで年をとっていくって本当にいい」と思えるほどだという。そして村上は、「一蓮托生感は高まってますね」と語った。

また、新型コロナウイルスの影響で中止を余儀なくされた12年ぶりの47都道府県ツアーに話が及ぶと、安田は「僕らはファンに愛されてる」と表情を緩ませた。

そしてグループとして掲げる目標は“アップデート”だとして、横山「ドームツアーもやりたい。パワーダウンはしたくない」と心境を明かしていた。

「AERA5月4-11日合併増大号」は、4月27日発売。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100