ミキ昴生、霜降り明星は“目の上のたんこぶ”?「粗品なんて僕に…」

2020.3.16 20:40

ミキ昴生、霜降り明星は“目の上のたんこぶ”?「粗品なんて僕に…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

3月14日、TBS系『人生最高レストラン』にミキの亜生と昴生が出演し、霜降り明星について話すシーンがあった。

番組ではミキの2人をゲストに迎え様々なトークを展開。その中で、加藤浩次から「ちょっとこのコンビ、目の上のたんこぶだなぁっていうコンビいたりする?」「ライバル視っていうのかな」と聞かれると、昴生は「ライバルというか、ずっと一緒にやってるのは霜降り明星」「大阪の劇場の時からずっと一緒なんで」とコメント。

加藤が「年齢は若いでしょ?霜降りのほうが」と聞くと、弟の亜生にとっては1年先輩にあたるが、昴生にとっては後輩だと説明。

そして昴生は「粗品なんて僕にもう、ここ1年ぐらい敬語使ってないですもん。ずっとタメ口使いよる」「怒ってください加藤さん!」と訴えるも、加藤は「俺、別に先輩後輩とかどうでもいいほうだから」と返し、笑いを誘っていた。

関連画像

関連記事