星野源「非常に楽しかった」アカデミー賞での岡村隆史、菅田将暉との交流明かす

2020.3.12 6:10
星野源「非常に楽しかった」アカデミー賞での岡村隆史、菅田将暉との交流明かすサムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

3月10日深夜に放送されたニッポン放送の『星野源のオールナイトニッポン』で、星野源が出席した『第43回日本アカデミー賞』の授賞式について話す場面があった。

【別の記事】菅田将暉、日本アカデミー賞振り返り心境明かす「全然俺ちゃうかったな」

番組では、授賞式でナインティナインの岡村隆史や菅田将暉など、オールナイトニッポンのパーソナリティを務めるメンバーが集まる席だったことから、星野は「僕は非常に嬉しい感じで」「大好きなお二人っていうのもあってですね、非常にリラックスできまして、非常に楽しかったんですけど」と、振り返った。

続けて星野は「話題賞ってノミネートとかじゃなくて受賞は決まっているので、こっちは緊張感はないんですけど、岡村さんは緊張されてるんです」と、自身と岡村の気持ちには違いがあったと話した。

そして、星野は「こっちでベラベラ喋ったらちょっとなんかね、遊びに来てるみたいな感じになっちゃって、申し訳ないなっていう緊張感もちょっとあったので」「あんまり、自由にお話するっていうよりかは、要所要所ちょこちょこっとお話して」と、二人への気づかいを明かした。

また星野は「一回だけ、岡村さんが『これどうっすか』ってフリスク的なものをですね、二人に分け与えて」「口の中を爽やかにしてもらいました」と、笑いを誘いながら授賞式を振り返っていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254