菅田将暉、日本アカデミー賞振り返り心境明かす「全然俺ちゃうかったな」

2020.3.10 20:40

3月9日深夜に放送されたニッポン放送の『菅田将暉のオールナイトニッポン』で、菅田将暉が第43回日本アカデミー賞について話す場面があった。

【別の記事】菅田将暉、松坂桃李を“ラジオ出禁”に?その理由に「笑った」「桃李くんの扱いw」の声

番組内で菅田は、自身もノミネートされていた日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞に事務所の先輩である松坂桃李が選ばれたことについて「松坂さんという人が受賞されたみたいですね、おめでとうございます」「あ〜あ、くやしい」「ん〜!くやし〜!ほんっと!どうしたろかな、全然俺ちゃうかったな」と、ふざけながらも心境を明かしていた。

また、菅田は、松坂とマネージャーが同じなことから「大体のスケジュールとかは把握してるんですよ」「マジで桃李くん本当に一番忙しいから」と、松坂が非常に多忙だったと振り返った。

そして「桃李くんの仕事量はリアル菅田将暉目線からしても本当にすごい」「桃李くんは、しんどいほうしんどいほうにわざと行ってるような覇気を去年すごい感じてたし」と、松坂の様子も明かしながら「身内なんでね、本当に嬉しい限りです」と、松坂へ祝福を送っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254