稲垣吾郎、朝ドラ『スカーレット』の出演が「忘れられない」と語った理由とは

2020.3.7 12:15

稲垣吾郎、朝ドラ『スカーレット』の出演が「忘れられない」と語った理由とはサムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

3月6日に放送されたNHK『あさイチ』に、稲垣吾郎がVTR出演した。

稲垣は、NHK連続テレビ小説『スカーレット』にて、戸田恵梨香が演じるヒロイン・喜美子の息子に慢性骨髄性白血病が発覚し、病名を告げる医師役を務めた。

このシーンについて、稲垣は「僕もこの世界でいろんな役、色んな作品やらせてもらってますけど、これは忘れられないシーンになりましたね」と語った。

続けて、「もちろん間違えてはいけないですし、やっぱりリアクションする戸田さん、(戸田演じる)喜美子さんがすごく大変なシーンなので」「初めて聞いたような表情をしていただかないと困るし」「そういうふうに僕も誘わなきゃいけないし」と、撮影する上での苦労を振り返った。

さらに稲垣は、「朝ドラじゃないよ、もうあのシーンは。朝ドラでそこまでシリアスな感じないじゃないですか」「非常にデリケートなシーンですよね」とコメント。

また「あの時の“嘘でしょ”っていう表情とか、忘れられないですね」と、戸田の演技についても思い出深そうに振り返っていた。

関連画像

関連記事