菅田将暉、松坂桃李と共に日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞した感想語る「すごいな」

2020.1.22 17:30

1月20日に放送されたニッポン放送のラジオ番組『菅田将暉のオールナイトニッポン』で、菅田将暉が優秀主演男優賞を受賞した第43回日本アカデミー賞について話す場面があった。

【別記事】菅田将暉、先輩・松坂桃李の最優秀助演男優賞に「エモすぎる」

番組内で菅田がこの話題に触れ「結構僕も純粋に驚いたというか、あっマジっすかっていう感じでした」と、受賞に驚いた様子を明かし「受賞って自分らじゃよくわからないものなんですよ、もちろんすっごく嬉しいけど、周りの喜んでくれてる感じでやっとすごいことなんやなって言うのを認識できるっていうか」と、周囲の反応で受賞を実感したと振り返った。

そして、受賞の心境について「チームのためやから、皆を代表していきますってよく言う定型文が本当にまんまというか」と、自分一人のための賞ではないと話した。

また、菅田は「これは強力なライバルたちですよ」と、共に最優秀主演男優賞を競う俳優陣の名前を列挙。

そして「特にあれですね、同じ事務所の松坂桃李。これは邪魔ですね」「授賞式で二人が並んでる姿を見てリスナーも笑うんやろな、ほんとにダルいわ」と、この番組にもたびたびゲスト出演し、共に最優秀主演男優賞候補となっている松坂の存在に笑い声をあげ「すごいなトップコート」と松坂と自身が所属する事務所へ感心したようにコメントしていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100