嵐・相葉雅紀、SixTONES京本大我の初舞台エピソードに「天才じゃん…」

2020.1.13 20:20

嵐・相葉雅紀、SixTONES京本大我の初舞台エピソードに「天才じゃん…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

1月11日、日本テレビ系『嵐にしやがれ』に嵐・相葉雅紀が出演した。

番組では、今月22日に2組同時デビューするSixTONESとSnow Manのメンバーをゲストに迎え様々なトークを展開。その中で、SixTONESのメンバー半分はオーディションではなく、故・ジャニー喜多川氏から直接スカウトされたエリートだと明かされた。

そして京本大我は、「僕小学生の時によく家族でハワイに旅行に行ってたんですよ」と切り出し、「和食屋さんがありまして、そこのママさんと僕がたまたま写真を撮ったんですよね。でママさんがその写真をお店に飾ってくださってて」「ジャニーさんもそこが行きつけだったらしいんですよ。それでジャニーさんが『あれ?この子誰?』ってなって『京本正樹の息子さんです』みたいなことをママさんが紹介して」と、ジャニーズ事務所入りのきっかけを話した。

その後何度も喜多川氏から自宅に電話がかかってきたといい、「KAT-TUNEのデビューライブに見にきて欲しい」と言われたと発言。見にいくといきなりその日のライブに出演することになったといい、京本は自己紹介と青春アミーゴを一緒に踊ったと話した。

それを聞いていた嵐メンバーからは「急に?」「踊れんの?」と驚きの声が上がったが、京本が「2時間後には振り覚えて」と話すと相葉は「天才じゃん…」と呟いていた。

関連画像

関連記事