沢村一樹、木村拓哉がドラマ撮影現場に差し入れした“あるもの”を明かし「まるで僕が…」

2020.1.5 20:30

沢村一樹、木村拓哉がドラマ撮影現場に差し入れした“あるもの”を明かし「まるで僕が…」サムネイル画像

(c)鶴田直樹

1月4日、フジテレビ系『ドラマツアーズ 2020新春〜豪華俳優陣が差し入れグルメ探し〜』に沢村一樹が出演した。

番組では1月6日からスタートする新ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』に出演する沢村をゲストに迎え、様々なトークを展開。その中で俳優歴20年以上と紹介された沢村は、これまでのドラマ撮影現場で“気になった差し入れ”について話す流れになった。

沢村は「ついこの間まで木村拓哉くんと一緒にドラマ…」と切り出し、木村とドラマで共演していたことに触れ、「そのときに木村くんが持ってきた、トリュフ入ってるパンを差し入れしてくれて」「トリュフの香りがパンの中に閉じ込められてるんですよ。食べた時にトリュフの味っていうよりも、どっちかっていうと香りを楽しむパン」と、木村が差し入れしたパンについて説明した。

そして「スタッフもパンだから、ちょっと小腹空いたときに腹持ちするっていうか…」「『あれいいな』と思って。まるで僕が自分で見つけてきたみたいな顔で出します」と話し笑いを誘った。

関連画像

関連記事