霜降り明星・粗品、R-1優勝の影で“1000万”逃していた?「500万マイナス…」

2019.11.23 18:15
霜降り明星・粗品、R-1優勝の影で“1000万”逃していた?「500万マイナス…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

11月21日放送のテレビ朝日系『アメトーーク!』に、霜降り明星・粗品が出演した。

【別の記事】霜降り明星・粗品、R-1賞金の太っ腹すぎる使い道案を告白「100万円くらい…」

番組では「競馬大好き芸人」と題し、出演者たちが競馬にまつわるさまざまなトークを展開。この中で、粗品は「大切な賞レースの日、絶対競馬するようにしてるんですよ」「R-1(ぐらんぷり)で優勝した時もWIN5僕やってたんですよ」と切り出した。なお、WIN5とは、5レース全ての1着を当てる馬券で、かなり難しいが高配当だという。

粗品は、この馬券を4レース目まで的中させ、5レース目の予想も当てていたが、馬券を購入した携帯のタップミスで買えていなかったことを明かし、「それ結局1000万(円)ついてるんですよ、配当」と説明。

続けて「“当たってたのに1000万(円)獲り逃した…”っていう気持ちのまま、3時間後、R-1(ぐらんぷり)優勝して、賞金500万(円)もらって、“500万(円)マイナスかあ…”って思いましたね」と語り、スタジオは笑いに包まれた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254