霜降り明星・粗品、R-1賞金の太っ腹すぎる使い道案を告白「100万円くらい…」

2019.4.24 17:40

霜降り明星・粗品、R-1賞金の太っ腹すぎる使い道案を告白「100万円くらい…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

4月23日深夜に放送されたフジテレビ系『おかべろ』に霜降り明星の粗品が出演し、M-1グランプリ2018とR-1ぐらんぷり2019の賞金の使い道について話すシーンがあった。

番組では、R-1ぐらんぷり2019のファイナリストメンバーが出演し、決勝戦の裏側など様々なトークを展開した。その中でR-1ぐらんぷり2019の決勝に進出したことで生活が変わったかどうかの話題になると、ロンドンブーツ1号2号の田村亮は「粗品はあれですよ、M-1の賞金とR-1の賞金ですから」「どうすんの?」と、M-1グランプリでコンビで1000万、R-1ぐらんぷりで500万を受賞した粗品に賞金の使い道を投げかけた。

それに対し粗品は「いや、これがほんまに特に決まってなくて…」と切り出し、「M-1の賞金はもうなくなったんですよ」と既にM-1グランプりの賞金は使い切ったことを明かした。

スタジオに「もうなくなったん!?」と驚きの声が上がる中、粗品は「R-1はどうしようかな、この500万というところで…」「やっぱりそのね、小田さんとかは、ちょっとその家族もいらっしゃるんで」とR-1ぐらんぷりで同点にもかかわらず特別ルールにより粗品に敗れたおいでやす小田の名前を挙げ、「僕は小田さんの出方次第でもしかしたら100万円くらい全然あげてもいいかな」と話すと、小田は「靴舐めますわ」と即答し、スタジオの笑いを誘った。

関連画像

関連記事