バナナマン日村や有吉弘行が心がけているバラエティでの“テクニック”とは?

2019.11.15 17:40

バナナマン日村や有吉弘行が心がけているバラエティでの“テクニック”とは?サムネイル画像

バナナマン

11月13日放送のAbemaTV『バラエティ開拓バラエティ 日村がゆく』に、バナナマン・日村勇紀が出演した。

番組では、“お笑い第7世代”とされるさまざまな芸人が出演し、現在の若手お笑い界のリアルな生態を深堀りする企画が行われた。この中で、お笑いコンビのわらふぢなるおが“見た目で怖がられる”という悩みを明かす場面があった。

これを受け、他の出演者が日村に「見た目に気を遣う、みたいなとこもあったりするんですか?」と質問すると、日村は「これは絶対あるんじゃない」と答えた。

続けて「テレビ出るったって、ロケとか、メインで行ければいいけどさ…結構ワイプが多いもんね、バラエティは」「(ワイプで)何やるかって言ったら、もう笑うしかないじゃん」とコメントし、「なるべく喜怒哀楽がいっぱいある方が使いやすいことは間違いないんじゃない」とアドバイスを送った。

さらに、他の出演者が、“毒舌コメントを言った後は笑うことを心がけている”と明かし「有吉(弘行)さんがよくやってるじゃないですか」とコメントすると、日村は「そうそう」と同意し、「有吉も言ってたよね、自分でね」「大事なんだよ、笑顔」と語っていた。

関連画像

関連記事