GENERATIONS片寄涼太、オーディション落選時の心境を振り返る「プツンって…」

2019.11.13 7:20
GENERATIONS片寄涼太、オーディション落選時の心境を振り返る「プツンって…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

11月11日深夜、TBS系列『週刊EXILE』に片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が出演した。

【別の記事】GENERATIONS、事務所からのお年玉金額明かし「どんだけよ」「羨ましすぎる」の声

番組の中で『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2』についての話題が展開され、オーディションに出場した片寄と数原龍友(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が当時を振り返るシーンがあった。

他のメンバーから“合格発表で他の人が選ばれた際の心境”について聞かれると、数原は「(夢が)一気にドカンと崩れ落ちた感じだった」「全力でやってたから、ドカンって一気に崩壊した感じだったね、あの時は」と当時を回想。

これを受け、片寄は「俺はね、普通の生活とは違う時間がやっと終わったんだと思った」と切り出すと、「気張ってるからさ、もうみんなずーっと」「だから、プツンってこう『は…!』ってなった。『終わったんだ』って」と合格発表がされた際の心情を明かしていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100