「マジであかんやつ」菅田将暉、ドキュメンタリー番組出演時の態度を反省?「甘えてたな…」

2019.11.12 20:20

「マジであかんやつ」菅田将暉、ドキュメンタリー番組出演時の態度を反省?「甘えてたな…」サムネイル画像

菅田将暉

11月11日深夜放送のニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』で、菅田将暉が自身の番組出演時の立ち振る舞いに言及した。

番組では、先日、菅田が所属する芸能プロダクションの社長が出演したNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』の感想メールを紹介。このメールの中で、リスナーから、“菅田が社長と話している際、帽子を取らず、さらに貧乏ゆすりをしていた”と指摘を受ける場面があった。

これに対し、菅田は笑いながら「あーあ」「見られた」とコメント。さらに「確かに脱帽はしてなかったけれども…」「貧乏ゆすりもしてた?」と振り返り、「マジであかんやつやんか」「社長の優しさに甘えてたな…ちょっと反省ですわ」と自身の態度を反省する様子を覗かせた。

そんな菅田は、ラジオ内で話題が出された『プロフェッショナル 仕事の流儀』の放送では、山崎賢人や仲野大賀などの俳優は、“友達”であると同時に“ライバル”だと話していた。さらに「一時期みたいなバチバチはなくなったけど…お互いの映画見て嫉妬して、連絡しないみたいな。わかりやすい」と明かした上で、「今は、争ってる場合じゃねえっていう感じではありますね」「“いいもの一緒に作ろう”っていう」と心境の変化を語っていた。

※山崎の崎は立つ崎

関連画像

関連記事