乃木坂46・秋元真夏が明かす、握手会で“印象に残る裏ワザ”とは「漠然とした感じじゃなくて」

2019.11.11 18:00

乃木坂46・秋元真夏が明かす、握手会で“印象に残る裏ワザ”とは「漠然とした感じじゃなくて」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

11月9日放送のテレビ東京系『自慢したい人がいます~拝啓 ひねくれ3様~』に乃木坂46・秋元真夏が出演した。

番組の中で、“名前を忘れてしまった時、失礼がないように聞き出すには?”という話題になると、秋元は乃木坂46握手会にて、「『この前来たんだけど、名前なんだと思う?』とかはめちゃめちゃあります」とコメント。

続いて、握手会で印象に残りやすい言葉として、「とりあえず褒めてほしいんですけど」「可愛いってその、漠然とした感じじゃなくて、“何が可愛いか”」「細かいところ…なんか、“口の形いいね”とか」と具体的に褒めてほしいと明かした。

そんな秋元は、以前同番組で、「握手会とかですごく多いんですけど」と切り出し、「男の子が来てくれて『僕すっごいファンなんです』って言って『彼女に秋元真夏のファンだって言ったらおかしいって言われて』みたいな。『すごいショックだったんです。どうしたらいいですか?』って言われて」と男性ファンから言われた言葉を明かし、「私もそれ言われてショックだよ」と話していたことがあった。

関連画像

関連記事