劇団ひとり、3歳息子の“気になる口癖”明かし「どこでどう間違えたのか…」

2019.10.24 7:00

劇団ひとり、3歳息子の“気になる口癖”明かし「どこでどう間違えたのか…」サムネイル画像

劇団ひとり

10月22日放送の日本テレビ系『バゲット』に出演した劇団ひとりが、自身の息子に関するエピソードを話した。

番組の中で、現在3児の父親である劇団ひとりは、3歳の息子について「幼稚園とかも通ってるし、アニメの影響とかでついにやっぱ下ネタを覚え始めて」「やっぱ好きなんですよ」と語り、息子が“おしり”や“うんち”などの単語を言って笑っていると明かした。

続けて「どこでどう間違えたのか、そのレパートリーの中に“せなか”ってのが入ってて」と明かして笑いを誘い、「どっかで間違えて覚えちゃった」とコメント。さらに「たぶんスベってると思いますよ」「『なんでアイツあんな楽しそうに背中って言うんだろう』って」と語っていた。

そんな劇団ひとりは、以前別の番組で、“息子に初めて怒られたこと”として「多分ずーっと自分が言われてるからでしょうね」「僕がこの前お茶をこぼしちゃったんです。そしたら息子が急に来て『ごめんなさいは?』『ごめんなさいでしょ!』」と振り返り、「めちゃくちゃ可愛かったですけどね」と話していたことがあった。

関連画像

関連記事