森山直太朗 初のアニメタイアップ&書き下ろしとなるTVアニメ「ソマリと森の神様」の主題歌 決定

2019.8.26 20:00

森山直太朗 初のアニメタイアップ&書き下ろしとなるTVアニメ「ソマリと森の神様」の主題歌 決定サムネイル画像

森山直太朗

森山直太朗が、2020年1月放送のTVアニメ「ソマリと森の神様」の主題歌を担当することが発表された。

森山直太朗によるアニメーション作品への楽曲書き下ろしおよび歌唱は、今回が初となり、森山自身が、同作の世界観やストーリーに共感し、このたび主題歌担当に決定した。

森山直太朗のオープニング主題歌「ありがとうはこっちの言葉」と、水瀬いのり(主人公・ソマリ役)が歌うエンディングテーマ「ココロソマリ」は、いずれも作品をイメージしたオリジナル楽曲となる。

また、「ソマリと森の神様」のアニメPV およびキャラクター集合イラストが、本日リニューアルオープンした公式HPにて公開されている。

さらに、音楽(劇伴)は、大河ドラマ「篤姫」をはじめ、これまで数々の名作ドラマや映画を手掛けた吉俣良が、音楽プロデューサーは「サイレントヒル」シリーズなどゲームミュージックで世界的に名高い山岡晃、美術監督はフランス人クリエイターのニエム・ヴィンセントが担当するなど、各界の注目クリエイターが集結し、親子の絆を描く「ソマリと森の神様」の世界観が創り出されることになる。

【森山直太朗コメント】

原作を読み、空想と郷愁の狭間を行き来しながら自分自身も物語の景色となって歌うような、そんな気持ちで作ってみました。「ありがとうはこっちの言葉」という曲。
ソマリとゴーレムの旅路をそのまま音にしたような感触があってレコーディングもとても活気にあふれていました。
この作品に出会えて、知らない世界を垣間見ました。ありがとう。

関連画像

関連記事

関連リンク