片寄涼太、“叩かれること”についての持論に称賛の声「名言すぎる」「イケメンすぎ」

2019.8.21 7:20

片寄涼太、“叩かれること”についての持論に称賛の声「名言すぎる」「イケメンすぎ」サムネイル画像

GENERATIONS from EXILE TRIBE

8月19日に放送されたTBS系『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議』に、GENERATIONS from EXILE TRIBE・片寄涼太が出演した。

番組では、自分への書き込みや世間の評価を調査する“エゴサーチ”についてトークが展開され、この中で、片寄が“叩かれること”に関して意見を述べる場面があった。

片寄は「自分のことで言うと、僕はやっときたなって思いました。叩かれ始めたとき」と切り出し、「パンといきなり増えるときがあって、そのときに『なんでだろう』と思ったんですけど…今までは自分のことを好きで応援してくれてる人しかいなかったんだっていうのが、僕のことを好きじゃない、知らない人が僕のこと知るようになっているから、こういう現象が起きてるんだと思って」と持論を展開。さらに「俺やっと叩かれるようになってきたなって思うようになりました」とコメントした。

その後、“片寄のどういった部分が叩かれるのか”という疑問の声があがると、他の出演者からは「『足長すぎ!』とかですか?『顔小さすぎる!』」といったコメントが飛び、スタジオは温かい笑いに包まれた。

この放送に対し、ネットでは「よせちゃんの考え方って本当に素敵だな」「涼太君、もっと好きになっちゃった」「とても前向きな考え方」「名言すぎる」「片寄くんイケメンすぎんかい」といった反響があった。

関連画像

関連記事