洋楽カバーバンド・THE JUGGLER、名曲を演奏する“喜び”語る「新しい世界観の虜になりました」

2021.5.31 18:00

昨年から続く世界的な新型コロナウイルスの感染拡大は、日本の音楽業界にも多大なる影響を及ぼし、活動が止まってしまっているアーティストなどが多くいます。
 
逆にその中で偶然生まれて新しく成長してきた音楽の形があるのはご存知でしょうか?去年の11月に結成されたcover band「THE JUGGLER」もその1つです。
 
最初は歴戦のミュージシャンの腕が落ちないように始めた“アソビ”でしたが、リハーサルを重ねる度に精度が増し、3月からは自ずとLIVE活動が始まりました。
 
世界中にファンを持つDo As Infinityのギター・大渡亮さん、ヴォーカルのSixTONESへの楽曲提供などでも注目のウクレレシンガー・KAIKIさんを中心に、メンバーには日本のみならず中国でも精力的に活動していたベーシストの渋谷有希子さん、ほぼ毎日ライブというセッションドラマーの松本淳さん、サウンドプロデューサーとしての評価も高いキーボード&マニピュレーター・鐘撞行孝さんらが名を連ねます。
 
6月2日(水)に予定されているライブでは、無料でのYouTube生配信が決定しました。
 
今回は、THE JUGGLERを代表して、大渡亮さんとKAIKIさんに、このコロナ禍において月2回を目標としているライブなどについてお話を伺いました。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100