正しいUVケア出来てる?!未来の肌の為にやるべき日焼け対策

2021.3.5 19:30
正しいUVケア出来てる?!未来の肌の為にやるべき日焼け対策サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

年中気になる紫外線。
肌老化の原因としてもあげられる、お肌の大敵ともいえる存在です。

紫外線で日焼けするとシワやたるみだけではなく、シミ、ソバカスの原因にもなり、乾燥の牽引の一つにも!
お肌の為にも、しっかりブロックしたいですよね。

UVケア系のスキンケア用品に含まれる「SPF」や「PA」ってよく目にしますが、どういう意味かしっかり理解していない方も多いのではないでしょうか。

中には「なんとなくSPF30よりSPF50の方が強そう」とか「お肌に刺激がありそう」なんて思ってる方もいるのでは?

今回は今更聞けないSPF、PAの意味や、正しい日焼け止めの塗り方など、徹底的に未来の肌の為の日焼け対策をご紹介しちゃいます♪

【別の記事】マスク焼けしたくない!冬の日焼け止めベスト3

■【SPF】とは

【SPF】はUVBの防止効果を表す数値のこと。
UVBとは紫外線を波長の長さによって分けた種類の一つ。地表に届くUVB量は少ないですが、肌への影響が強く、たくさんあびると赤く炎症する日焼けがおきる原因となる紫外線です。

そんな日焼けを起こすUVBを防止する効果を持つ【SPF】ですが、数字が表すのは防止する効果の高さ。
SPF1〜50+など数字は、何も塗らなかった時と比べてUVBの防止をできるかを表しており、数値が大きい方がUVB波に対する防御効果が高いことを表しています。

紫外線にも種類が
紫外線にも種類が

一般的に日本人の普通肌の人は何も塗らなければ25分で赤くなると言われていますが、SPF30の日焼け止めを塗る「☆25分×SPF30=750分=12.5時間」という計算になり、SPF30の日焼け止めを使うと塗らなかった時の30倍(約12.5時間程度)肌が赤くなるのを防げるという目安になります!

ただ数値が大きいと強い!とか肌に悪い!という考えはNG!
シチュエーションに合わせて選ぶのがポイント!

■【PA】とは

UVAとはUVBとは紫外線を波長の長さによって分けた種類の一つ。UVBに比べて急激な肌作用は少ないものの、真皮層まで届くため肌のたるみやシミなどの原因になるとされています。

肌への作用を知ろう
肌への作用を知ろう

そんなUVAに効果がある【PA】ですが、『+』が多くなるほどUVAの防御効果が高くなることを示しています。
PA+よりPA++++の方が効果が高いと言う事になりますね。
この効果をキープする為には日焼け止めの塗り方や、塗り直しが重要になってきます。

■日焼け止めはムラなく肌に密着させて

顔に日焼け止めを塗る時、注意したいのが、不均一なムラ塗り。

ちょっとの厚みの違いや、塗り残しがムラ焼けや、崩れの原因になってしまうので、注意が必要です。
綺麗に塗る為には両頬、おでこ、鼻、あごに5点置きし、顔の中心から外側に向けて伸ばして塗ります。

顔に5点置き
顔に5点置き

力はいれずに、すーっとのばしたら仕上げに優しく手のひらで押さえて密着させます。
首や、デコルテにも忘れずに伸ばします。

デコルテにもしっかり
デコルテにもしっかり

特に生え際は塗り残しが多く、前髪を上げたらあれ?!なんか地肌がここだけ黒い!なんことになりかねないので、丁寧に生え際も伸ばして下さいね。

■2時間ごとの塗り直しが理想

持ち運びしやすい日焼け止めもマスト!
持ち運びしやすい日焼け止めもマスト!

日焼け止めの効果をキープする為には、2時間を目安に塗り直すのが理想的。
日焼け止めは、汗やマスクの摩擦でも簡単に落ちてしまうんです。

この崩れたままの状態を放置するのもマスク焼けなどのムラ焼けの原因になるので、持ち運びしやすいサイズの日焼け止めをポーチに入れとくと安心ですよ。

■日傘

日傘も大切
日傘も大切

日傘は黒を選んで日傘は白と黒、どっちが紫外線からガードしてくれると思いますか?
答えは黒!白よりも黒い日傘の方が、紫外線を吸収してくれます。

何気ない日々の生活の中でも紫外線対策が出来るので、有効的に紫外線カットアイテムも取り入れてみるのもオススメです。
正しく紫外線対策をして、未来の美肌の為に気をつけましょう♪

Text & Photo by JUN

JUN Instagram アカウント

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100