ポルノグラフィティ 新曲「ブレス」カメラマンは全員子供!子供たちの視点で描かれたMVのメイキング映像が公開

2018.7.28 12:00
ポルノグラフィティ 新曲「ブレス」カメラマンは全員子供!子供たちの視点で描かれたMVのメイキング映像が公開サムネイル画像
ポルノグラフィティ

7月25日(水)リリースとなったポルノグラフィティ新曲「ブレス」は、現在大ヒット公開中の映画『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』の主題歌。

【写真】ポルノ×コナン、初のコラボレーションでコナン&怪盗キッドと4ショット

そんな国民的アニメ映画の主題歌となっている「ブレス」のミュージックビデオは撮影するカメラマンがなんと全員保育園児。49名の保育園児が参加し、子供たちの視点で構成されている。

映像はブレていたり、メンバーをちゃんと撮れてないものがほとんどだが、歌詞の中で「それぞれの道がある誰も君の道は行けない」と歌っているように、既定概念に囚われない子供たちそれぞれの独自の目線で撮影された映像が、より楽曲の温かみを体感させてくれる。

さらに今作は歌詞が話題を集めている。今年の9月に20周年を迎えるポルノグラフィティは、これまで数々のヒット曲を世に送り出し、ヒットチャートを賑わしてきた。そんなポルノグラフィティが、「ポジティブな言葉で溢れているヒットチャート頼んでもないのにやたら背中を押す」「簡単に重ねるんじゃない君を すぐに変わっていくヒットチャートになんか」と歌ってしまうのだから、面白い。

ミュージックビデオをみたファンからは「新鮮!!」「見てるだけで笑顔になれる!」などの声があがり、話題となっている。

そんな話題のミュージックビデオのメイキング映像が本日公開となった。一生懸命に撮影の練習をしている子供や、メンバーが子供に撮影の仕方を教える場面など普段なかなか見られない、メンバーの素の部分も垣間見える映像となっている。ミュージックビデオと合わせて楽しんでほしい。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100