福山雅治のライブに江戸川コナンが登場し2人で“あのポーズ”を披露

2018.4.23 12:08
福山雅治のライブに江戸川コナンが登場し2人で“あのポーズ”を披露サムネイル画像
(c)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 / 板橋淳一

全国的に夏日を迎えた4月21日、広島グリーンアリーナは福山雅治の熱いパフォーマンスで、気温以上に熱く盛り上がりをみせていた。そしてライブの終盤戦、普段と違う可愛らしいゲストが登場し更に会場を沸かせる事となった。

ゲストとして登場したのは、なんと江戸川コナン。コナンと福山は、現在大ヒット中の劇場版「名探偵コナン ゼロの執行人」の主題歌を福山が担当したことが縁で、この主題歌情報解禁時に、コナンが福山のレギュラーラジオ番組「福山雅治 福のラジオ」(TOKYO FM / JFN38局ネット 毎週土曜日14:00〜14:55放送)にゲスト出演し対面していた。

そして先週14日に行われた劇場版コナンの舞台挨拶に寄せた福山からの映像コメントで「たまには地方にライブを見にきたりしませんか?もみじ饅頭用意して待っています。」という誘いを受け、コナンが福山雅治の全国アリーナツアー「WE’RE BROS. TOUR 2018」の広島グリーンアリーナへ初来場してくれたのだ。

会場に劇場版「名探偵コナン ゼロの執行人」のテーマ曲が流れ、「小さくなっても頭脳は同じ 迷宮なしの名探偵 真実はいつもひとつ!広島の皆さん、こんばんは!江戸川コナンです!」というセリフと共にコナンがステージに突然登場。福山からの事前のお誘いはあったものの、本当に来るなんて予想できていない会場のファンたちからは「ええー!」という大きな驚きの声があがった。

「もみじ饅頭…いやいや、主題歌「零 -ZERO-」をどうしても生で聴きたくて来ちゃいました」とお土産を持って来場してくれたコナン。福山からも約束していたもみじ饅頭などをお返しに渡し、なんともほっこりする再会となった。

そして、劇場版コナンの主題歌である「零 -ZERO-」をコナンもステージ横で会場のファン達と共に鑑賞し、最後には福山と共に「真実は、いつもひとつ!」とあのポーズをキメ、ステージを後にした。

劇場版「名探偵コナン ゼロの執行人」は4月13日に全国公開され、公開日から8日間で動員185万人、興行収入24億円という脅威の成績で、前作を上回るシリーズ歴代最高記録を更新している。

そんな大ヒット中の劇場版コナン主題歌、福山雅治「零 -ZERO-」。こちらも4月7日から配信リリースされるや否や各配信サイトでチャート1位を15冠獲得するなどヒットチャートを賑わせ、映画でのキーパーソンでもある安室透のキャラクターに見事にリンクした詞の世界が、コナンファンの中でも“安室に対する解釈が神がかっている!”と大きな反響を呼んでいる。

なお福山のライブは、5月に行われる「DOME LIVE 2018-暗闇の中で飛べー」(5月19日(土)&20日(日)京セラドーム大阪、5月26日(土)&27日(日)東京ドーム)まで続いていく。

【福山雅治コメント】

このツアーの中で今回の劇場版コナンの主題歌も初披露させていただき、ツアーとともに楽曲も成長させてもらってます。
そしてツアーの中でもこの曲が大きなポイントになっています。音楽的にも、歌詞の世界観としても。そのような出会いに感謝しながらツアーを回らせていただいております。映画が公開となり、大変な盛り上がりと熱をひしひしと感じてはいるのですが、まだ劇場に観に行けていないので、是非その盛り上がりと熱を肌で感じたいですし、主題歌も劇場で聴いてみたいです。
コナン君、忙しい中観に来てくれてありがとう!

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254