安室奈美恵「Hero」が14カ月ぶりレコチョクランキング1位に返り咲き!

2017.11.7 18:38
安室奈美恵「Hero」が14カ月ぶりレコチョクランキング1位に返り咲き!サムネイル画像
NAMIE AMRO/Hero

安室奈美恵「Hero」が14カ月ぶりにレコチョク首位を飾った。この楽曲は、「NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソング」として、2016年7月27日(水)より配信を開始、日本代表のメダルラッシュとともに昨年の夏を飾り、レコチョク月間ランキングでも8月度の1位を獲得した。

MAX MINA、安室奈美恵の引退に手書きメッセージ公開「なんだか奈美恵らしいね」

今年、安室奈美恵は、自身の誕生日である9月20日(水)に公式サイトを通じて来年9月16日をもって引退することを発表。このニュースとともにさまざまなメディアで「Hero」がオンエアされ、楽曲のランキングも上昇、翌9月21日(木)発表のデイリーランキングで10位にランクイン、22日(金)付では1位に返り咲き、週間ランキングでも9月27日(水)発表のランキングで1位を獲得した。

10月度も11月8日(水)発売のベストアルバム『Finally』、国内5大ドームツアー及びアジア公演開催といったニュースの報道とともに楽曲もオンエアされ、「Hero」は毎週トップ6以内にランクインし、10月度に一番ダウンロードされた楽曲となった。 今後のさまざまなシーンでの活躍を受けて、この楽曲のロングヒットも続いていきそうだ。

DREAMS COME TRUE『THE DREAM QUEST』がアルバム1位!

「アルバムランキング」はDREAMS COME TRUE『THE DREAM QUEST』が初の1位を獲得。このアルバムは、DREAMS COME TRUEの3年ぶりとなるオリジナル・アルバム。

本編13曲に加え、JR九州「ドリカム新幹線」キャンペーンソング「九州をどこまでも – SINGLE VERSION -」、ディズニー/ピクサー映画「インサイド・ヘッド」オリジナル書き下ろし主題歌「愛しのライリー – SINGLE VERSION -」、花王「ソフィーナ プリマヴィスタ」CMソング「KNOCKKNOCK! – SINGLE VERSION -」、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)「ドリーム・プロジェクト2017」テーマソング「あなたと同(おんな)じ空の下 – SINGLE VERSION -」、ENEOSエネルギーソング「その日は必ず来る – SINGLE VERSION -」など、ボーナストラックとして配信限定でリリースされていた作品を含む全18曲が収録されている。

さらに、三浦大知へ楽曲提供した「普通の今夜のことを ー let tonight be forever remembered ー」、2011年に観月ありさに楽曲提供した「あなたが笑えば」の2曲をセルフカバーして収録されている。

【レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2017年10月度】(2017年11月1日発表)

■レコチョクランキング

1位:「Hero」安室奈美恵 (2016年7月27日配信)
2位:「打上花火I」DAOKO×米津玄師
3位:「手をつなぐ理由」西野 カナ
4位:「花の唄」Aimer
5位:「灰色と青 ( + 菅田将暉 ) 」米津玄師

■アルバムランキング

1位:『THE DREAM QUEST』DREAMS COME TRUE (2017年10月10日配信)
2位:『手をつなぐ理由』西野カナ
3位:『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』 Mr.Children
4位:『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』 Mr.Children
5位:『いつかできるから今日できる (Special Edition)』 乃木坂46

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100