クリスチャン・ツィメルマン、『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集』から「ピアノ協奏曲第4番第3楽章」配信スタート&国内盤CD発売決定

2021.5.14 15:00

世界中でベートーヴェン生誕250年を祝った昨年末、現代最高のピアニストのひとり、クリスチャン・ツィメルマンが、ベートーヴェンの5曲のピアノ協奏曲を一気に録音した。この録音は彼にとって、1989年から1991年にかけて行われた旧録音から約30年を経ての再録音となった。今回は、長年にわたってベルリン・フィルの芸術監督を務めたサー・サイモン・ラトルが、現在音楽監督を務めるロンドン交響楽団を振っての共演となった。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254