ボーイズグループ・OWVらが初登場!今注目の歌詞ランキング1位はMORISAKI WINが獲得

2021.3.7 11:30

歌詞検索サービス「歌ネット」が、3月4日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にMORISAKI WINの「Love in the Stars -星が巡り逢う夜に-」が初登場。2021年3月7日にデジタルリリースされる新曲だ。MORISAKI WIN(森崎ウィン)といえば、スズキ ソリオ バンディットのCMソングに起用されている「パレード – PARADE」がLINE MUSICのリアルタイムチャートで1位を獲得や全世界に向けた配信ライブの実施など、アーティストとしても目覚ましい活躍を見せている。シングルとして2作目となる今作は初のラブソングで、星が導く恋模様にWINの甘い歌声が非常にマッチした楽曲となっており、楽曲の一部が公式YouTubeチャンネルにて公開されている。

2位には、OWVの「Roar」が初登場。2021年3月31日にリリースされるニューシングルのタイトル曲である。彼らは、SNSトレンドを賑わす『PRODUCE 101 JAPAN』の元練習生、本田康祐・中川勝就・浦野秀太・佐野文哉の4名による、ダンスパフォーマンスに定評のある次世代ボーイズグループだ。3rdシングルの楽曲コンセプトは「上がる」。同曲は<Making my way Making my way>と幕を開ける、前向きで力強い1曲となっている。

3位には、iriの「はじまりの日」が初登場。2021年3月24日リリースされるニューEP『はじまりの日』のリードトラックであり、J-WAVEの春の新生活に向けたプロジェクト「MOVIN’ON!!」の第2弾プロジェクトソングに決定。新しい時代、新しい未来に向かって何かを“はじめる”のにピッタリの1曲だ。iriは、「この曲は、“卒業”という季節感を意識しつつ、コロナ禍での恋人や家族など大切な誰かとの死別、様々な別れを、新たなはじまりの季節の春になぞらえて制作しました」とコメントしている。

4位には、go!go!vanillasの「アダムとイヴ」が初登場。2021年3月24日にリリースされるニューアルバム『PANDORA』の収録曲であり、先行配信がスタート。歌は<私の耳元で そっと名前を呼んで かかる吐息に 溺れてしまいそうだ>と幕を開ける。旧約聖書の中で描かれている「アダムとイヴ」の物語を現代的に解釈した内容で、恋愛の本質をドラマチックなサウンドで表現した楽曲となっている。

5位には、丘みどりの「明日へのメロディ」が初登場。さらに7位には「雨のなごり坂」がランクイン。いずれも2021年3月17日にリリースされるニューシングルの収録曲である。2021年の皮切りとなるシングルタイトル曲「明日へのメロディ」は、作曲にJ-POP界のヒットメーカー・コモリタミノル氏を迎え、葛藤しながらも光を見出そうとする現代人の、切なくも力強い姿が描かれている。ジャンルの壁を超えた表現力で丘みどりの新機軸となる1曲だ。

【2021年3月4日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 Love in the Stars -星が巡り逢う夜に-/MORISAKI WIN
2位 Roar/OWV
3位 はじまりの日/iri
4位 アダムとイヴ/go!go!vanillas
5位 明日へのメロディ/丘みどり
6位 Dream on the street/DA PUMP
7位 雨のなごり坂/丘みどり
8位 おかえり桜/SHARE LOCK HOMES
9位 あなたと、君と/三田村邦彦&丘みどり
10位 Tell me, Tell me/秦基博

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254