ビッケブランカらが初登場!歌詞注目度ランキングはキスマイの『ボス恋』主題歌が2週連続V

2021.2.14 11:30
ビッケブランカらが初登場!歌詞注目度ランキングはキスマイの『ボス恋』主題歌が2週連続Vサムネイル画像
ビッケブランカ

歌詞検索サービス「歌ネット」が、2月12日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にKis-My-Ft2の「Luv Bias」が輝いた。2週連続での首位記録となる。2021年2月24日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、玉森裕太が出演している火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の主題歌だ。歌詞には<愛してる そんな言葉だけで表せないほどに 想いが溢れていく>といった相手を想う強い気持ちが綴られている。また、フルCGで撮影されたMVは、悲観的だった世界に“愛”という光が差し、気持ちが幸せに満ちていく、という内容になっている。

2位には、ビッケブランカの「ポニーテイル」が初登場。2021年2月12日にリリースされる配信シングルである。今作は、“春”をテーマに淡く切ない恋心を描いたミドルバラード。MVには女優の桜井日奈子が出演。桜井演じる新人女優サクラと、かつて同じ大学の映画研究会に所属していた新人ADカンタが再会する場面から、回想や淡い恋心、現在の姿が描かれており、ビッケブランカは2人を見守る存在として登場する。

3位には、安田レイの「Not the End」が初登場。2021年2月24日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、竹内涼真が主演の日本テレビ×Hulu共同製作ドラマ『君と世界が終わる日に』挿入歌として書き下ろされた。生活が一変した現代の世の中とドラマの世界を重ね合わせ、これだけは手放したくないという本当に大切な物を想って安田自身が作詞した。

4位には、海蔵亮太の「僕が歌う理由」がランクイン。前週の8位から順位を上げた。2021年2月17日にリリースされるニューアルバムのタイトル曲である。歌は<世界でいちばん 悲しいものがあるとするなら 大切な人の涙>と幕を開ける。海蔵が作詞家の鮎川めぐみとの共作で初めて作詞に挑戦した曲。「自分にとって大切な事は何か」「自分がなぜ歌い続けるのか」といった、シンガーとしてのアイデンティティに迫る楽曲となっている。

8位には、コレサワの「愛を着て」が初登場。2021年3月10日にリリースされるニューアルバム『純愛クローゼット』の収録曲であり、NHK『みんなのうた』に書き下ろされた。MVは夏目現が監督を務めており、老若男女、3人の異なる風貌をしたピエロたちがそれぞれ関わり合いながら扉の外の世界へ踏み出していく様子をバレエを交えて表現している。

【2021年2月12日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 Luv Bias/Kis-My-Ft2
2位 ポニーテイル/ビッケブランカ
3位 Not the End/安田レイ
4位 僕が歌う理由/海蔵亮太
5位 Universe/Official髭男dism
6位 ただいま/手嶌葵
7位 ドラマチックに乾杯/山本彩
8位 愛を着て/コレサワ
9位 BAKU/いきものがかり
10位 上を向いて運ぼう with 赤血球(榎木淳弥)&白血球(日笠陽子)/POLYSICS

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254