Dannie May、配信シングル「この曲が人生最後の僕の代表曲だったら」リリース&MV公開

2021.2.11 14:00

昨年12月9日(水)発売EP「DUMELA」(読み:デュメラ)、メンバー自身での楽曲アレンジや監督したMusic Videoが高い評価を得て注目を浴びている“ポップとマイナーの境界線、新感覚バンド”Dannie May

2021年初となる配信シングル「この曲が人生最後の僕の代表曲だったら」をリリース、そしてメンバー自身が監督したMusic VideoがオフィシャルYouTubeチャンネルで公開となった。

新曲は「ミュージックライン」2・3月度のエンディングテーマに決定し2月1日(月)より起用されている。

本作は“もしこの曲が、人生最後の曲になってしまったら”考えたくもない仮定の話。「もしかしたら、これ以上曲が作れなくなってしまうんじゃないか」と思ったところからこの曲の最初の1節は生まれ、ものづくりの苦悩と歌詞の世界観がうまくミックスされ、サウンドはDannie May らしく、歌詞は ”後ろ向きなようで前向きな曲” 。

Music Videoは今作も、メンバーであるYunoが楽曲のテーマを咀嚼し、きっと巻き戻せない過去だって、半ば倒れた人だって、ちゃんとその想いを拾って今に繋いでいるから、というメッセージが込められほぼ全編を通して時間軸が逆再生な作品として制作。

バンド結成2周年記念日となる3月18日(木)にO-nestにて初の主催ライブ「Dannie May Presents “Welcome Home!”」を開催。ゲストにYONA YONA WEEKENDERSを迎え実施する。詳細はオフィシャルサイトにてチェックを。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254