細川たかしの愛弟子・彩青、最新シングル「津軽三味線ひとり旅」“青春十八番”盤発売を記念したカラオケ大会の詳細を公開

2021.1.22 22:15

2019年6月に、細川たかしの弟子として華々しくデビューした、18歳の彩青(りゅうせい)。同年「第61回輝く!日本レコード大賞」新人賞を受賞。伸びやかで力強い歌声のみならず、尺八、津軽三味線を使ったパフォーマンスで「三刀流歌手」として、精力的に活動している。昨年5月に発売した「津軽三味線ひとり旅」が、オリコン週間シングル演歌ランキング1位(2020年5月25日付け)を記録するなど、その成長は著しく、NHK連続テレビ小説「エール」への出演など演歌歌謡界のみならず多方面から注目を集めている。

そんな彩青が、3年目に突入する2021年6月26日(土)都内某所で、「津軽三味線ひとり旅」“青春十八番”盤発売記念イベントとして、「彩青の三味線・尺八生演奏をバックに歌おう!彩青の『歌い者です!』カラオケ大会2021」を開催。日本コロムビア・彩青特設ページにて、その詳細が1月21日に公開となった。

このカラオケ大会では、審査を通過した10名が、彩青による「三味線」または「尺八」での生演奏をバックに歌唱を披露することができる、大変貴重な機会となっている。尚イベントは、十分な感染対策をとった上での開催実施を予定している。

【彩青 コメント】

現在の状況下なかなかキャンペーンに回らせて頂くことができませんが、これからも僕の歌をお聴きくださった方に、少しでも元気を!笑顔を!お届けできますように精一杯頑張ってまいります!どうか、皆様も手洗い・うがい・消毒等を徹底され、健康第一にお元気で、お会いできる日を楽しみにしております!

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100