秦基博の『おちょやん』主題歌などが初登場!今注目の歌詞ランキング1位はNovel Coreが獲得

2020.12.20 11:30

歌詞検索サービス「歌ネット」が、12月17日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にNovel Coreの「天気雨 feat. Hina (from FAKY)」が初登場。2020年12月23日にリリースされるメジャー第2弾デジタルシングルだ。ABEMAの恋愛リアリティーショー『月とオオカミちゃんには騙されない』で共演したFAKYのHinaをフィーチャリングアーティストに迎え、TinyVoice,ProductionのUTAがプロデュースを手がけた楽曲となっている。また、Novel CoreとHinaのSNSでは、楽曲に込めた思いが発信されているので、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

3位には、秦基博の「泣き笑いのエピソード」が初登場。2020年12月21日に配信リリースされる新曲であり、現在放送中のNHK連続テレビ小説『おちょやん』の主題歌。秦基博が同作の物語をもとに、“毎日を一生懸命生きる”主人公のひたむきな姿を思って書き下ろしたという楽曲となっている。

5位には、GReeeeNの「ゆらゆら」がランクイン。また、6位には「おまじない」が初登場。いずれも2021年1月6日にリリースされるニューアルバム『ボクたちの電光石火』の収録曲だ。「おまじない」には<次逢える日までの おまじない この手を離したら 帰らなくちゃなぁ>と切ない想いが綴られている。MVでは、先に公開された「ゆらゆら」MVの登場人物の恋の行方が描かれる。そのストーリーにも注目して楽しんでみてはいかがだろうか。

8位には、Da-iCEの「EASY TASTY」がランクインした。2020年12月23日にリリースされる新曲であり、音楽で五感を体感する作品を6ヶ月連続でリリース中の彼らの第5弾楽曲だ。同曲“味覚”をテーマにしたシティポップ感溢れるダンスナンバーで、作詞を第4弾「CITRUS」に続き工藤大輝と花村想太が担当。Da-iCEならではの魅力を味わうことができる1曲となっている。

10位には、E-girlsの「eleven」が初登場。2020年12月28日にリリースされるラストアルバム『E-girls』の収録曲だ。11人のメンバー全員がこれまで歩んできた道のりへの想いを込めて綴った言葉を、11人体制以降大半のE-girls楽曲のボーカルディレクションを担当してきた和田昌哉氏が歌詞として纏める事で生み出された。彼女たちのラストを飾るのにふさわしい楽曲に仕上がっている。

【2020年12月17日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 天気雨 feat. Hina (from FAKY)/Novel Core
2位 本音/sumika
3位 泣き笑いのエピソード/秦基博
4位 Fall in Love Again feat. 三浦大知/KREVA
5位 ゆらゆら/GReeeeN
6位 おまじない/GReeeeN
7位 僕はバカ/瑛人
8位 EASY TASTY/Da-iCE
9位 RED PHOENIX/EXILE
10位 eleven/E-girls

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254